初めての出汁パック。井口食品名島屋新だしをコストコで買いました

井口食品 名島屋新だし
スポンサーリンク

顆粒のだしって便利ですよね。使いたいときにすぐ使えるし、野菜炒めとかお好み焼きとかにささっと入れて味付けすることもできるし。 でもやっぱりちゃんと出汁を取った方が体にも良さそうだし、何よりおいしいんじゃないかと今更ですが思うようになったんです。 とはいうものの、いきなりカツオや昆布で出汁を取るのはハードルが高い。 最初は市販の出汁パックを使ってみることにしました。 そこで買ったのがこちら。

井口食品 名島屋新だし井口食品 博多名島屋 新だし

コストコに行く機会があって、行く前に色々とリサーチしていたらこちらの新だしがおいしくてコストパフォーマンスもいいという口コミを見つけたので、購入してみました。

井口食品 名島屋新だし裏面

出汁パックを使うのは全く初めてですが、裏面に使い方が書いてあるので大丈夫そうです。

井口食品 名島屋新だし中身

外袋を開けると良い匂い。小さいパックがたくさん入っています。このパックが丈夫に出来ているそうなので、食材と一緒に長時間煮込んでも大丈夫とのこと。

井口食品 名島屋新だし袋を開けてみた

袋を開けて中身を出してみました。昆布やかつおから出汁を取る時って、大きいまま鍋に入れているイメージがあったので、中身が粉々になっているのは意外でした。 原材料はかつお節、うるめいわし、昆布、そしてもろみ。防腐剤、化学調味料が入っていないから、自然な素材の味が楽しめるというのがこちらの商品の特徴です。説明文からも素材にこだわって作られている印象を受けます。

出汁パックは出汁を取ったらもう捨ててしまうものだと思っていたのですが、インターネットで調べてみると、出汁を取った後の出汁パックの中身は食べることが出来るそうなんです。

そんなこと考えたことなかった。私が買った出汁パックも中身を食べることができるのかな?と思って裏面を読んでみると

井口食品 名島屋新だし

うるめいわしを丸ごと粉砕しております。骨などの硬い部分がまれに混入している場合がありますのでティーバックの中身のご使用はなるべくお控えください。

と記載されていました。なるべくお控えくださいということは、食べることは可能ということでしょうか。

井口食品 名島屋新だし

硬い部分というのはこの黒い部分のことなのかな。食べてみたけど硬くなかったですが…。

こちらのサイトで名島屋の新だしを使った料理などを紹介しているのですが、中身も食べているので、きっと大丈夫なんだと思います。

この開けてしまった出汁パックは後日料理に使うとして、とりあえず初めての出汁パックを使って、豚汁を作ってみたいと思います。

出汁パックでだしとり水の状態から出汁パックを入れて

出汁パックから出汁を取る火にかけてしばらくすると色が出てきました

出汁パックで出汁取り5分位沸騰させたら出汁の完成です

すっごい簡単でした!出汁パック入れて火にかけるだけ。出汁パックってこんなに簡単なんだ、感動した。しかも火にかけるとかつおの良い香りが台所中に広がる広がる。匂いだけでおいしい!

この出汁を使って出来上がった豚汁がこちら。

豚汁

初めて出汁パックで取った出汁で豚汁を作りましたが、味がね、やっぱりいつもの顆粒だしと違う。顆粒だしと比べて塩気が少ない気がしました。変にしょっぱくない、お味噌の塩気のみって感じ。俗に言う「体に優しい」味がしました。

出汁の香りがとっても良くて、ちょっと高級な気持ちになりました。

出汁パックの出汁、おいしいです。こんなに簡単なら、こんなに手軽に使えるなら、これからは出汁パックで出汁を取ろうと思いました。

何も考えず50袋入りの物を買ってしまったけど、これなら問題なく使いきることができそうです。

塩分摂りすぎ予防にもなると思うし、買って良かった。

ちなみに出汁パックは冷蔵庫で保管するんだって。なんとなくだけど、常温で保存するイメージがあったので意外でした。

出汁を取り終わった後の出汁パックは冷凍して保存しておいて、ある程度たまってきたらふりかけを作ったりするそうです。

出汁パック冷凍

固く絞ってタッパーに入れて冷凍庫にしまっておくことにしました。実際にふりかけを作るかはまだ決めてないけど(笑)。

なんだか、出汁を出汁パックに変えただけで健康になった気がしてます。

スポンサーリンク