[稽留流産]手術3日前に大量出血→急遽入院&手術をしてきました②

入院
スポンサーリンク

前回からの続きです。

[稽留流産]手術3日前に大量出血→急遽入院&手術をしてきました①
タイトルの通りなのですが、一番不安に思っていた事態になりました。私も手術が決まってから、色んな方のブログを読んでイメージをしてみたり覚悟を決めたりと体験談が参考になった部分が大きかったので自分の記録の為と、こんな人もいるよって事で私が体験したこと...

ここまでの流れ

  1. 自宅で出血
  2. タクシーで病院へ
  3. 診察と入院
  4. 手術が決定

夫が病院に到着

20時45分頃、夫が病院に到着しました。驚かせてしまった事、心配させてしまった事が申し訳なかったけど、急いで帰ってきてくれて本当にうれしかったです。

夫が到着してすぐに先生が病室に来て説明がありました。

「出血が多いので今日21時から手術します。内容は26日に予定していた手術と同じものです」

その時は手術するしかないなら仕方ないと思ったけど、今思うともうちょっとその状態がどうなっていたのか聞いた方が良かったのかな?まぁ実際そんな余裕もなかったけど。

手術

自分で歩いて手術室に移動、手術台に乗って心電図を付けられたり血圧を測られたり。全身麻酔だって分かってるのに怖くて涙が止まりませんでした。

看護師さんが手を握ってくれて「大丈夫だよ」って励ましてくれたり涙を拭いてくれました。

皆さんの体験談を読んでいると、麻酔が入る前には「麻酔を入れるよ」という声がけがあるようなのですが、私の場合は声がけはなく、突然の前が歪んできました。

そこからは不思議な空間を旅していました。

不思議の国のアリスのアニメで、アリスが白ウサギを追いかけて穴に落ちるシーン。あの深い穴の中に私も落ちたみたいな感覚でした。しばらく穴の中を落ちていると、今度はドラえもんのタイムマシーンに乗った時のような空間をずっとグルグル回っていました。

しばらく不思議な空間を旅していると、夫の声が聞こえてきました。

目が開かないんだけど、夫と話がしたい。頑張って声を出しているつもりでしたが、実際には「うーうーうー」と唸っていただけだったと夫に後から言われました。散々唸った後は廊下に響くような大声で大泣きしていたそうです。そこは記憶がありません。

目がちゃんと開くようになったのは21時半位。30分しか経っていないことにビックリしました。

順調に回復

吐き気止めを点滴に入れてくれたおかげが、全く吐き気はありませんでした。少し腰が重いような感じがしましたがお腹は痛くなかったし耐えられました。

出血も少なくなったようで看護師さんに「もう大丈夫ですよ」と言われ安心しました。

術後3時間は飲食禁止と言われたので24時までは何も食べられません。24時なったら少し食べてもいいと言われたので、夫にコンビニで水とゼリーを買ってきてもらいました。

夫も夜ごはんを食べていなかったので看護師さんに確認をとり病室で夜ごはん。

この日夫が来るまでの間の事を色々話しました。話しているとまた泣けてきちゃた。本当に泣いてばっかり。泣き虫過ぎて情けない。

本当は面会は21時までなんだけど、麻酔が完全に冷めるまで居てもいいと言ってもらえて、夫は終電の少し前に帰って行きました。

入院

 

初めての入院

記憶もあいまいな子どもの頃に一度入院したことがあるのですが、大人になってから入院するのは初めて。たった一晩だったけどちょっと不安で、夜中何度も起きちゃいました。一人部屋で本当に良かった。

夜起きるたびに赤ちゃんの泣き声が聞こえる。無事に出産して子育てがスタートしたお母さんたちが入院してるんだな。みんな大変だけど子育て頑張っているんだなって純粋に思いました。

こんな事でパニックになり取り乱し泣いてしまうような私が、出産して母になり子どもを育てることが出来るんだろうか。もしかしたらまだ早かったのかもしれない。だから赤ちゃんは居なくなってしまったのかも知れない。そんな事も考えたりしました。

朝は5時45分に目が覚めました。起床時間を伝えられてなかったのでそのまま起きることにしました。

病院のイメージとして6時に起床7時に朝ご飯って思いこんでいたので(笑)

そしたら実際には7時半に看護師さんが来て、朝ご飯は8時からでした。

診察

朝ご飯を食べていると看護師さんが来て、入院している患者さんの中でも一番に診察してもらえる事になったと言われました。多分一番最後の診察だと、外来で待っている患者さんもたくさんいるから気を使ってくれたんだなと思いました。

診察は詰められていたガーゼを外してエコーをして終了。特に問題はないようでした。

カルテには不全流産と書かれていました。

あんなに出血したけど、まだまだ中には残っていたということだったんだ。聞きたいこともその場では浮かばず、特に何も聞かずに診察は終わりました。

次回は1週間後に診察です。

 

もう少しだけ続きます。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • ちむにー様
    コメントのお返事ありがとうございました!
    前はプロフィールの所にコメントしてしまいすみません^^;(笑)

    新しいブログ読ませていただきました。
    突然の出血、入院、そして手術…。
    怖い思いもされ、大変でしたね>_<
    今はお体大丈夫でしょうか?

    体も落ち着いてきたら、次は気持ちの面での辛さが出てくると思います。自分を責めてしまったり後悔したり…。
    そんな事を思うことが多いかもしれませんが、自分を責めないように少しずつでも前向きに考えましょうね!
    でも泣きたい時は泣きましょう!どんなに励まして貰っても悲しい気持ちは消えません。
    でも赤ちゃんはママの泣く顔よりは笑ってる顔をみたいはずです。
    時間と共に傷は癒えてきます。
    私もまだ泣く事はありますが、少し落ち着いてきました^^
    毎日朝起きた時、空を見上げた時。
    赤ちゃんに
    「今はお空でパパ、ママ、お姉ちゃんを見守っててね。
    降りて来たくなったらまた戻ってきてね」
    と話しかけています。
    そしてなるべく笑って過ごそうと…。

    ちむにーさまもまだお体、気持ち共に傷が大きい時だとは思いますがが少しでも前向きに、そして回復される事を願っています^ – ^

    • ena様
      コメントありがとうございます!
      今まで、記事の所にコメントが出来ないような設定になっていたみたいで、すみません(> <;) 今回は自分でも想像していなかった出来事が起きたので、パニックになったり不安になったり怖い思いもしましたが、時間が経つにつれてだんだん落ち着きを取り戻してきました。 決して忘れることはないと思うし、まだ色々と思う事、考えてしまうこともありますが、また前を向いて行けそうな気がしてきました。 時間は薬ですね。 辛い経験をした後なのに、私の心配をしてくださって本当ありがとうございます。 ena様からのお言葉がとても嬉しかったです!! 私もena様の心と体の傷が癒えることを心から願っています☆ でも決して無理はしないでくださいね。 そして、またいつかena様の所に赤ちゃんがやって来てくれる事を祈っています! この度は、色々と気遣って頂いて本当にありがとうございました(^^)