食費を節約するために『まとめ買い』と『作り置き』を取り入れてみることにしました

作り置きで節約したい
スポンサーリンク

12月になって年末ということもあり、結構お金を使ってしまいました。マネーフォワードでお金の管理をしていますが、予算を大きく上回ってしまった項目がちらほら。掃除機を買ったのは出費的に痛かったけど、毎日掃除をするようになったし買って良かったと思っているので後悔はしてません。

食費を削りたい

どうしても気になるのが食費。2人家族で1カ月に30,000円位は使ってしまっている現状です。予定では25,000円の予算のはずなんですが…。

ちゃんと25,000円以内に抑えたい。1カ月25,000円で食費をやりくりするにはどうしたらいいものか。 そんなときに本屋さんで出会ってしまったんです。

作り置きで節約したい作り置きの本。

作り置きをすることで食材を無駄にすることなく使い切る、そしておいしく食べる。いきなりそんな上手くいくとは思えないけど、私にもできるなら食費が減らせるかもしれない。5,000円削る為に1,000円強出して本を買う私。もしかしてこれが無駄遣い?

色々な本が並ぶ中こちらの本を選んだ理由は、冷蔵でどのくらい日持ちするかはもちろん冷凍保存の期間も書いてあったからです。私はなんでも冷凍しておきたい人なので、冷凍保存ができる、冷凍保存の期間が書いてある本というのはとても魅力的でした。ナンプラーやローリエ、その他スパイスなどを使っている料理も載っていますが、そこは他のもので代用したり入れないで作る予定です。そのうち必要があれば揃えてもいいしね。

今自分なりに行っている野菜の冷凍やお肉の冷凍保存・下味冷凍も含め、作り置きもプラスできたら節約だけじゃなくて食卓もちょっと豊かになるかもしれない。そんな淡い期待もあったりします。

節約のためにはまとめ買い

作り置きをするためには食材が必要ですが、節約が上手な方々は週に1回しか買い物に行かないそうなんです。理由は余計なものを買わないようにするため。私は何か必要になったら、そのたびにスーパーに行ってました。意思の強い人なら毎日スーパーに行って買い物しても本当に必要なものしか買わないと思うのですが、私は意思が弱い。安くなっている物とか欲しくなって買ってしまうんです。それが節約できない理由に繋がってました。

調味料などはアマゾンの定期便などを使うという方法もあるみたい。お店に行かなければ余計なものは確かに買わないですもんね。

1カ月食費25,000円ということは、5週間あるとして週5,000円。一度の買い物で5,000円までは買えるならなんとかなるかも。

あ、でもお米代も必要なので、お米代2,000円を引いて1カ月23,000円。それを5週に分けると1週4,600円。

まとめるとこんな感じ。

  お米代込み お米代抜き
食費 25,000円 23,000円
1週間 5,000円 4,600円­

 

お米代を別に用意するかしないかでもこんなに差が…。

お米代も全部ひっくるめて25,000円でやりくりしたいので、 1週間4,600円で予算設定をしました。

さっそくまとめ買いしてきました!

今日は近所のスーパーの特売日。無駄な物は買わないようにしっかりメモを片手に行ってきました。

買ってきた食材

この他にブリの切り身2切れとマカロニも買って、合計2,192円でした。この量で1週間乗り切れるとは思えない…。まぁ、初めての作り置きだしね。最初から完璧になんていかないさ。今冷蔵庫&冷凍庫に残っている食材も使えばなんとかなる…かな?納豆・牛乳・ヨーグルトはまた買いに行かないと食べきっちゃうだろうな。少しずつ買いだしも週1回に出来るように頑張ろう。

火曜日から来週の月曜日までの献立の予定

  • 豚小間切れ肉(冷凍庫にある在庫使用)と大根(冷蔵庫の残り)の炒め物
  • マカロニグラタンとサラダ
  • がんもどきの煮物
  • スパニッシュオムレツ
  • 豚汁(冷凍庫にある在庫使用)と餃子
  • ブリの照り焼きor塩麹焼き
  • 残り物の寄せ集め

こんな感じにしてみました。今書き出したのはメインのおかずで、これに納豆と味噌汁がつきます。品数少ないけど、我が家はいつもこんな感じなんです。1汁3菜が望ましいんですよね、本当は。わかってます。わかってはいるんです…(泣)私料理が下手なんです。レパートリーがないんです。これから副菜が追加できるように修行していきます。

ちなみに朝食はパンやおにぎりに、目玉焼きや味噌汁で、昼食は残り物などを食べてます。味噌汁はインスタントを飲んでいます。今食べている物がなくなったら、節約のためにみそまる(味噌玉)作りに挑戦してみようかな。

はたしてこの計画で上手くいくのだろうか…。心配。

 

買ってきた食材で作った物の写真は次回載せようと思います。

 

 

 

スポンサーリンク