子育てと手湿疹について考えてみた。

スポンサーリンク

以前から手の指に湿疹が出来たり切れたりとトラブルが絶えないのですが、実家に滞在している間にまた悪化してしまいました。原因は自分でも分かっていて、手洗いの回数が増えたことなんです。

姉の家に行き姪っ子たちと触れ合う機会が増えたことで、手洗いの回数も増えたんですよね。おむつを交換した後とか、姪っ子のよだれでベタベタになった時とかに手を洗うんです。子育てが始まると手を洗わなくてはいけない場面が増えるってことを実感して、もし自分に子どもが生まれた時は確実に手が痒くなったり痛くなったりすると思いました。

そこで、子育てが始まっても出来るだけ手湿疹が悪化しない為にはどうしたらいいのか、私なりに考えてみました。

ハンドソープを低刺激のものにする

姉の家で使っていたハンドソープは殺菌・消毒効果のある物でした。私も以前は殺菌効果のあるハンドソープを使用していたのですが、手湿疹がものすごく悪化した時期があって、それからは家のハンドソープをすべて低刺激の物に取り替えました。それからは何か特別なことがない限り悪化することはないので、低刺激のハンドソープは有効だと思います。今回手湿疹が悪化した原因のひとつはこれかな。

なんとなく殺菌・消毒って聞くと安心感がありますよね。ちゃんと手が綺麗になってる気がして。でも手にとっては強い刺激になってしまうので、頻繁に手を洗うには向いていないのもしれません。皮膚が敏感な人は特に。

普段から低刺激の物にしておけば少しは手のダメージを抑えられるんじゃないかと思います。

私は牛乳石鹸のハンドソープを使っています。

手を洗う機会が増えるから手が荒れると思うので、できるだけ手を洗わないような工夫をしたらいいんじゃないかと思いました。おむつを替える時は手袋をつければ、おむつ替えの度に手を洗わなくても大丈夫ですもんね。

保湿をする

手洗いをすると手に必要な油分も一緒に流れてしまうんだそうです。それを補う為に保湿クリームを塗ってケアすることも大事。

今回の私の手湿疹の悪化の原因のもう一つはこれです。手洗いをした後の手のケアなんて全くしていませんでした。しかも急いでいて、しっかり手が拭けていないことも多々ありました。手がしっかり拭けてないと、手の角質の水分も一緒に蒸発してさらに乾燥してしまうそうです。

しかし…実際に実行に移すのは大変そう

低刺激ハンドソープに変えるのは簡単にできるけど、おむつ替えの度に手袋をするとか、手洗いの度に保湿をすることは子育てをしていたら忙しくて実行できなそう…。姉には「忙しすぎてそんなに色々自分のケア出来ない!」と言われてしまいました(^^;)

確かに手荒れをしない為の行動だとあんまり続かないかも。それが手荒れがひどくなったら色々頑張るんだろうな。

普段から手をいたわる癖を付けよう

でも荒れてひどくなってからじゃ遅い。

以前手湿疹がヒドくなった時、必死に治そうとしたけど、当時の仕事が手を洗う頻度の高い仕事で、薬を塗っても全然治りませんでした。

その仕事を辞めて、治療を続けたらきれいになったんです。

だから、ヒドくなってからじゃ遅いんですよね。子育てはずっと続く訳ですし、辞めるなんて出来ないから、一度悪化したらずっと戦うことになる。

悪化させない為には、普段から手のケアをしっかりとする癖を付けておくこと。これが大事なんだという結論に至りました。

今からでも遅くないので、早速始めようと思います!

スポンサーリンク