嘔吐恐怖症の私が妊娠するまでの道のり①

スポンサーリンク

突然すみません。

私、このたび赤ちゃんを授かることができました^^

これからはちょこちょこと妊娠・出産関係の記事も書いていきたいなと思っています。

まだ安定期ではありませんが、このブログに自分の記録として残しておくことで「見に来てくださった方の役に立つこともあるかもしれない」という思いがあり、記事にすることにしました。

もちろん、まだ何が起こるか分からないことは十分わかっています。

私がこういった記事を書くことで、不快に感じる方もいるかもしれません。

こういった話題は嫌だなという方は、この記事を読むのはすっ飛ばしてくださいね。

では、今回は私が妊娠に至るまでの話を書いてみたいと思います。

 

 

嘔吐恐怖症と私

まずはじめに、嘔吐恐怖症ってご存知ですか?

嘔吐恐怖症は正式な医学用語ではないようなのですが、『嘔吐』に対して強く恐怖を抱いてしまい、動悸やめまい、体のしびれ、パニックを起こしてしまう状態のことを言います。

具体的には

  • 自分が嘔吐する(しそうになる)のが怖い
  • 他人が嘔吐する(しそうになる)のが怖い
  • 嘔吐を連想するすべてのものが怖い

こんな感じでとにかく『嘔吐』に関することが恐怖でしかなくなってしまうんです。

私は自分が嘔吐するのも他人が嘔吐するのも恐怖です。自分が気持ち悪くなってくると「吐いてしまうのではないか?」とだんだんパニックになってしまいますし、電車などで気分が悪そうな人を見つけると「あの人が吐いてしまうかもしれない」と恐怖で自分を保てなくなってしまいます…( ´△`;)

何を食べても気持ちが悪くなりご飯がほとんど食べられなくなった時もあります。その影響で、また気持ち悪くなるのではないか?と思うだけでお腹が空いていても食べることが出来なくなったこともあります。

新幹線や高速道路などの長距離移動(閉鎖空間)が苦手です。気持ち悪くなっても逃げる場所がないから。

外食するのも、家族以外の人とは出来るだけ行きたくありません。

冬はノロウイルスが流行るから大嫌い!手洗いうがいはこれでもかってくらいしちゃいます(´∀`;)

この状態がいつから始まったのか。自分でもわかりません。でも小学校の高学年の時には嘔吐に対して激しい恐怖を抱いていました

病院に行っても分かってもらえないことが多くて、適応障害・不安障害・パニック障害と色々な病名を付けられました。実際にパニック状態になってしまうことは多々ありましたが…。

結婚と妊娠

こんな私も、今の夫に出会い結婚をしました。結婚する時は嬉しかったけど、すぐに妊娠について考えるようになりました。周りにも「子どもの予定は?」「子どもはいた方がいいよー」って散々言われました。

夫は子供が大好きなので、すぐにでも子どもが欲しいと言っていました。私もいつかは子どもが欲しい。

でも私は妊娠によって起こり得る『つわり』が怖くてたまらなかったんです。子どもが生まれた後も、子どもが嘔吐した場合は私がなんとかしなくてはいけない…と思うと「私にそんなことができるのか?」と不安になりました。

夫とはたくさん話し合って、結婚してしばらくは2人で暮らしていこうということになりました。

2人で話し合って決めたのに、つわりが怖いというだけでこのような選択をして良かったのだろうか?と自分を責めることが増えました。

嘔吐恐怖症 つわりが怖い 

って何度インターネットで検索したことか…(´д`)

いつになったら勇気がでるのか、いつになったら覚悟はできるのか、そのことばかりが頭から離れなくなってしまって、毎日考えては寝る前に泣いていました。

悩むくらいなら覚悟を決めろ!腹をくくれ!って自分でも思うんだけど、それが出来なかったんです。

1人で思い詰めるのって実は結構辛くて、母に相談してみたこともあるのですが「つわりが怖いって、何言ってんの?みんな苦しいのを乗り越えてきたんだよ」と呆れられてしまい、余計自分の殻に閉じこもっていきました(;ω;)

カウンセリングを受けてみる

結婚する前も病院には通っていて、薬を飲みながら仕事にも行っていました。結婚を機に大阪へ引っ越してきて、また新しく病院に通い出したのですが、その病院でカウンセリングを勧められて受けてみることに。

最初はカウンセリングを受けたって何も変わるはずないって思ってたのですが、いつも自分の中で悶々と溜めこんでいた嘔吐恐怖に対しての思いとか不安を吐きだす場所が出来たことで、気持ちも少しずつ前向きになっていったんです( ゚д゚ )

その病院の方針が森田療法を取り入れていたので、自分なりに本を読んで勉強したりしたのも良かったのかも。何冊かオススメされた本を買って何度も読んでいくと、少しだけ理解できたような気がしてきました。気がしてるだけで理解は出来てないと思いますが…。

 

長くなってしまったので、次回に続きます!

スポンサーリンク