ローキーとエンビロサックスのエコバッグを買ったので簡単に比較してみた。

スポンサーリンク

今使っているエコバック(5年使用)はいよいよ破れてきたので、新しくエコバッグを買いました。

エンビロサックスとローキーのエコバック

ローキーとエンビロサックスというブランドの物です。両方とも可愛かったので2つ買っちゃいました。

簡単に見た目などの比較をしてみたいと思います。

ローキーのエコバッグ

ローキーのエコバックには本体と同じ柄のポーチが付いていました。

ローキーのエコバック

値段は1000円位なので、やっぱり生地はちょっと薄めな気がしましたが耐荷重は20㎏もあるそうです。実際に使う時にはそこまで重い物を入れることはないと思いますが。

ローキーのエコバック

内側にポケットが付いてます。
ローキーのエコバッグは収納方法が

  • 畳んでポーチにしまう
  • 小さく丸めて留め具で止める
  • 畳んで内ポケットにしまう

3通りあるみたいです。
畳んで内ポケットにしまうのは何度かやってみたんですが上手く出来なかったので、私の中では収納方法は2通りです(笑)

ローキーのエコバッグ

バッグの上の方に留め具が付いているので、畳んでからくるくる丸めて留め具で止めるとかなり小さくなります。

畳んだ所

手のひらサイズなので、かばんの中でも邪魔にならないと思います。

エンビロサックスのエコバッグ

エンビロサックスにはポーチはついていません。

エンビロサックスのエコバッグ

こちらも生地は薄めな感じがしましたが、エコバッグってこんな感じのものが多いですよね。耐荷重は10㎏のようです。でも10㎏もあれば十分!

内ポケットはないけど、代わりに畳み方が書いてあるタグが付いてました。ハサミマークがあるので、いらなければ切っちゃえばいいのかな。

エンビロサックスのエコバッグ

畳み方は丸めて留め具でパチンと止める方法だけで、バッグの下の方に留め具がついてます。バッグからペロっと飛び出してるので、使う時に気になる人は気になっちゃうかも。

留め具は下にある

細長く畳んでくるくる丸めて留め具をパチン。

エンビロサックスのエコバッグ

こちらもかなり小さくなりました。

エンビロサックスは持ち手が太めに作られているので、重い物でも肩に掛けた時に痛くなさそう。

エンビロサックスの持ち手

 

大きさの比較

エンビロサックスとローキーのエコバッグ

2つを並べてみると大きさはだいたい同じ感じです。両方ともマチはありません。

畳んでみた

畳んだ時はエンビロサックスの方が若干小さいのかな?でもほとんど変わらないです。

s-DSC03167

家にコンタクトの洗浄液があったので入れてみました。360mlが3本なんですが、かなり余裕です。すごいまとめ買いとかしなければ、1回分の買い物でも余裕そうな感じ。これはどちらのバッグも同じでした。

エコバッグにしては少し大きめの部類になるのかな?今持っているものよりは大きかったです。

ローキーとエンビロサックスの違いは

  • 内ポケットがあるorない
  • 畳み方が3種類or1種類
  • ポーチがついているorついていない
  • 持ち手の幅が一般的or太め
  • 留め具の位置が上or下

簡単にしか確認していませんが、こんな感じでした。本当はもっといっぱいあるのかもしれないけど…リサーチ不足ですみません(汗)

柄はどちらもかなり豊富で個性的です。いっぱいあって目移りしちゃう。ローキーのスイカ柄が最後まで候補に入ってました。裏と表で柄が違って可愛かった!

そんな豊富な種類の中から自分好みの物を探すのは楽しかったです!いっぱい悩んだけど(笑)

実は友達にもプレゼントしたんですが、こちらもどれにしようかすごく悩みました(笑)

エコバッグは買い物だけじゃなくても使い道が色々あるから、プレゼントにも向いてますね(^^)

可愛いし気に入ったので壊れるまでガシガシ使っていきたいと思います。

他の柄も欲しい!

 

スポンサーリンク