つわりで洗い物が辛い。そんな私を”紙”アイテムが救ってくれた!

紙皿と割りばし
スポンサーリンク

つわりの状況は相変わらずで、常に口の中が不快で気持ち悪いです。なんとか食べれる物を探しながら生活します。でも水も飲めるし(麦茶はダメ)食事もなんとか食べられているので、体重減少などもなく一般的なつわりの症状よりは軽いんだと思います。今の時点ではね(苦笑)

紅しょうがブームは相変わらずなんですが、毎日食べる訳にもいかないので、ナイススティック(山崎パン)を1日かけてちびちび食べてます。

まだブログを書ける余裕はあるのでやっぱり軽いんだろうな。ブログを書くことでつわりを紛らわせてる部分もありますが(汗)

私は多分よだれづわりかな。結構高い頻度でよだれをぺっぺしてます。気持ち悪くて飲み込めません。このつわりが軽い方とは言え、全く辛くないかというとそうでもないです。

洗い物が辛いです

こんなに軽めなつわりの私でも、少し前から洗い物をするのが辛くなってきました。気持ちが弱って甘えているだけなのかも知れませんが…(汗)

洗い物をしてると、特に通常時よりも輪をかけて口の中がすっごい嫌な感じになるんです。汚い表現になってしまうけど、口の中がまっずいよたれでいっぱいになる感じ。前かがみになっているからそうなるのか、その原理はよくわかりませんが。

だからよだれをぺっぺしながら洗い物をしてるんですが、その不快感が半端じゃなくてだんだん辛くなって来たというわけです。

夫の夕食を作るときも、出来るだけ洗い物が出ないように考えながら作ってたんだけど、考えることも作ることも辛くなってきたというのもあります。

そのくらいで洗い物が嫌だなんて言ってるんじゃないよ!とお叱りの言葉が聞こえてきそうで怖いですが、私にとっては辛いことなんです。

 

食器洗浄機を買いたい

そこで洗い物をしなくてもいい方法として食器洗浄機が思い浮かびました。

最近では2人暮らしとか3人暮らし用の小さめで省スペースモデルの食器洗浄機も売られているし。

さらに夫は続けてこう言いました。

「食器洗浄機は買えないけど洗い物が大変ならさ、つわりが良くなってくるまで紙皿とか使ったら?」

「土日は俺が洗い物するし、平日だけでも紙皿にしてみたら負担が減るんじゃない?」

 

なるほど。そうか。そういう方法もあるのか!

そこで急遽100円均一で紙皿や割りばしを買ってきてもらいました。ここでも夫に甘える私(汗)

紙皿と割りばし

実際に使い始めてみると、洗い物が劇的に減ってすっごいラクでした。コップだけは洗ってます。

全然エコじゃないし、ゴミが増えるという点で賛否両論かもしれませんが、つわりで洗い物が辛い期間だけの限定だと割り切ってしまえば罪悪感も少ないです。

今は食事の準備もだんだん大変になってきているので、夫の夕食はだいたい冷凍食品をメインにしたおかず構成になってしまっていますが、その時も紙皿で。

紙皿に冷凍食品のオンパレード、コンビニご飯やファストフードで申し訳ない気持ちでいっぱいですが、夫も大丈夫と言ってくれているし、つわりが明けたらおいしい物をいっぱい作ってあげるという気持ちで過ごしています。今は申し訳ないと思いながらも甘えたいと思います。

今の私は夫の優しさと紙アイテムに支えられて生きています。

つわりで辛い思いをしている皆さんも、いつものお皿を紙皿に変えるだけでずいぶんラクになると思います。

もしよかったら試してみてください。

 

 

スポンサーリンク