【生後4ヶ月】里帰り先で予防接種&4ヶ月健診を受けました!手続きなどの話。

予防接種
スポンサーリンク

現在実家にお世話になっているのですが、丁度娘の予防接種と4ヶ月検診の時期。

4ヶ月検診の日までに大阪の自宅に戻ろうと思っていたのですが、周りからの勧めもありもう少し実家にお世話になることになりました。

実家に来る前、市の保健師さんにいろいろと相談していて、その時に予防接種や健診は手続きをすれば帰省先でも受けられるということを聞いていたので、今回は実家のある市で受けることにしました。

手続きがちょっと面倒くさい

予防接種を受ける前

まず、どこの病院で予防接種を受けるかを決めます。(予防接種の金額も確認しておいた方がいいと思います)

住民票のある市(現住所)以外で予防接種を受ける際は、住民票のある市のある市にそのことを伝えて書類を作ってもらう必要があるのですが、私が住んでいる市は保健所が予防接種の管轄だったので保健所の予防接種担当へ電話で手続きはどうしたらいいのかを聞きました。

電話では書類を作成するにあたって、確認してほしいことを伝えられました。 

  1. 書類の宛名が予防接種を受ける病院当てなのか、市町村当てなのか
  2. 予防接種の費用は有料なのか無料なのか

書類のあて名が予防接種を受ける市あてなのか、それとも病院当てなのかを市役所に確認しなくてはいけません。

そして、予防接種を受ける市で料金を負担してくれるのか、それとも自費になるのかを確認します。同じ県内では予防接種代を負担してくれる場合もあるそうです。

私の場合は

  • 市町村宛ての書類
  • 代金は自費

という事になりました。

確認ができたら現住所のある市町村の予防接種担当の方に再度連絡をして、書類を作ってもらい、それを郵送してもらいます。書類が届いたら予防接種を受ける市町村の役所に持って行き手続きをしてもらって、予防接種を受けるための書類(医療機関へ提出するもの)を作成してもらいました。(現住所の市町村から帰省先の市町村へ直接書類を送ってくれる場合もあるみたいです。)

予防接種当日は帰省先の市町村で作ってもらった書類と現住所でもらってある予診表を記入して持って行きました。

予防接種を受けたあと

予防接種が終わった後、申請の手続きをすれば予防接種の料金は返ってきますが、支払われる金額(予防接種の種類によって上限)が決まっているので、もしも戻ってくる金額より予防接種を受けたときの金額が高いと、端数分は自費ということになります。

住民票のある市内で予防接種を受ければ任意の予防接種以外は無料で受けられますから、そこはきちんと確認しておいた方がいいと思います。

私の場合は

  • 小児肺炎球菌(3回目)
  • ヒブ(3回目)
  • 四種混合(2回目)
  • ロタウイルス(3回目)

を受けたのですが、全部で約4.5万円支払い(ロタウイルスは任意なので元々自費です)、申請をして3万円弱戻ってくる予定です。

4ヶ月健診

4ヶ月健診はいつも訪問に来てくれている保健師さんに相談したら、帰省先で健診を受けられるように連絡をしてくれました。

日程の確認や、問診票の送付などの確認のため、帰省先の市町村の保健師さんから電話が掛かってきて、あとは当日に指定の場所に行くだけでした。予防接種の手続きとは異なり、健診の手続きは私がする事は殆どありませんでした。

手続きはちょっと面倒だけど、できなくはない

色々と聞いたり確認したりする事が多かったので、少し大変に感じましたが(特に予防接種のの手続き)、今回でどんな手続きが必要なのか流れがわかったので、次があった場合もスムーズにできそうです。

里帰り出産や私のように事情があって実家にお世話になっているという理由などで、予防接種を現住所以外の場所で受けることになる方もいらっしゃると思います。

私も初めてでわからないことだらけでしたが、無事に予防接種と4ヶ月健診を受けることができました。わかりづらい部分もあるかとは思いますが、だいたいの流れとして『こんな感じなんだな』っと、参考になれば嬉しいです。

これから帰省先などで予防接種を受けられる方は、まずは保健センターや管轄の保健所などに連絡をしてみてくださいね。

スポンサーリンク