【妊娠30週5日】健診に行ったら子宮頚管が短いと言われた!!

スポンサーリンク

30週に突入です!早いものであと10週で出産です。いよいよ出産だって思うと、不安が急に押し寄せてきました(汗)それに伴ってパニック発症しちゃいました。その話はまた別の機会に出来たら書いてみようかな。

30週5日で健診に行ってきました

今回の健診は土曜日だったので夫も一緒でした。

最近はお腹が圧迫されてご飯がたくさん食べられない日々が続いています。それなのに前回の診察(2週間前)から2キロ増!増えすぎって注意されちゃいました(泣)

ちょこちょこ食べるのが逆に良くないのかなぁ。

それと助産師さんに出産に対する不安を正直に話してみました。

  • 胎動はうれしいけど、産む恐怖が増してしまう事
  • 無痛分娩が出来る病院にすればよかったかなと思っている事
  • 妊娠高血圧症や妊娠糖尿病になってしまうのではないか不安になる事

助産師さんはこの時期になると出産に対して不安になる人の方が多いことを教えてくれました。それと、今通っている病院は無痛分娩をしていることも教えてくれました。

え!?無痛分娩を扱ってるなんてホームページにどこにも書いてなかった!口コミサイトでも無痛分娩不可ってなってたし、実際に無痛分娩してる人の話も聞いたこと無かったのでビックリ。それと同時にホッとしました。

普通分娩中に無痛分娩に切り替える方もかなり多いんだとか。

全然知りませんでした。

でもこれで出産に対する恐怖心はかなり取り除けた気がします。早めに自分の思いを話してみてよかった。

陣痛・出産の痛みが未知すぎて怖いなんて言ったら、なんて情けないんだって思われてしまうかもしれません。もちろんメリット、デメリットがあることもわかっています。でも、このまま毎日出産の恐怖に怯えながら生活して、毎日パニック発作を起こしてしまう位なら、無痛分娩にしてこの先を穏やかに過ごしたいと思ったんです。

詳しい話は後期妊婦健診で説明があるそうなので、ちゃんと話を聞こう。

子宮頚管が2センチ!?

腹部エコーで赤ちゃんを診た後、経膣エコーで子宮頚管の長さを計りました。私は今回も特に問題なしだと思っていたのですが、先生が「あれ?これはかなり短くなってます!」と。

今私の子宮頚管の長さは2センチで、これ以下になってしまったら即入院とのことでした。今通っている病院ではもしも赤ちゃんが早産になった場合に対応できないので、NICU(新生児特定集中治療室)のある大きな病院に転院になる可能性も考えておいてくださいと言われ、ビックリ。

自覚症状として

  • 少し歩いただけでお腹が張る
  • 横になっていてもお腹が張る

これぐらいしか無かったし、8ヶ月にもなれば張る回数も増えてくると前回の診察時に言われたので、こんなもんかと思っていました。

出来るだけ安静にして、今度は1週間後に診察に行くことになりました。張り止めの薬は気休めにしかならないそうで(今回の先生の見解)、処方はされませんでした。

夫も一緒だったので、先生から説明を一緒に聞いてもらえたのが良かった。

これからとりあえず1週間は料理や洗濯もしないようにして、夫に助けてもらわなければなりません。

夫の負担が増えるのではと心配ですが、お腹の赤ちゃんを守る為なので、申し訳ないけど頑張ってもらいたいと思います。

相変わらず頭が大きい

それと赤ちゃんの頭の大きさですが、推定8.36センチで33週位の大きさのようです。体重は1850グラム。前回より300グラム大きくなってます。

赤ちゃんの体重が重いから子宮頚管が短くなっちゃったのかな?なんて思ったけど、先生には特に大きさのことは言われなかったのでとりあえずはあまり気にしないようにします。

血液検査の結果

前回血液検査をしたのですが、ちょっと貧血気味とのことでした。鉄剤を飲むかサプリで頑張るか、どちらか選んでと言われたので迷わずサプリで頑張る方を選びました!

先生が言うには鉄剤は副作用で気持ち悪くなったりするし、便秘にもなりやすいらしい。
それなら絶対サプリと食事で改善したい!

幸い、そこまでひどい貧血じゃないみたいなので改善出来るように頑張らねば。

次の健診まで安静にします!

私の姉が第1子を24週で早産しているので、早産の怖さは分かっているつもりです。まだこの先どうなるかわからないけど、出来るだけ早産は避けたい!転院も避けたい!無痛分娩出来なくなるのは困る…。

なので、安静にしてこれ以上子宮頚管が短くならないように気を付けます!

スポンサーリンク