手作り紅しょうが作りに挑戦。簡単なのに失敗しました…

紅しょうがを作る
スポンサーリンク

牛丼屋さんに行った時には紅しょうがを山盛り乗せます。お好み焼きにもたくさん紅しょうがを入れます。紅しょうがが入った練り物大好き。大阪に来て、スーパーの惣菜コーナーで紅しょうがの串揚げを見た時は衝撃でした。

紅しょうがは好きなのですが、家に常備している訳ではないんです。その都度買う感じで。

今の時期、スーパーには梅と梅を漬けるための瓶や梅酢が売られてようになることが多いと思うんですが、たまたま新生姜の隣に紅しょうがを漬けようっていうポップを見つけまして。

恥ずかしながら紅しょうがは家で作れるんだってその時初めて知ったんです(^^;)

家に帰ってきて調べてみると、作り方がたくさんネットにアップされていました。きちんと保存しておけば1年は保つらしいし、そんなに難しそうではなかったので、私も家で紅しょうが作りに挑戦してみることにしました。

作り方は紅生姜(紅しょうが)のレシピ/作り方:白ごはん.comを参考にしました。

新生姜も梅酢もスーパーで買えました。

紅しょうがを洗って、塩に漬けて、乾燥させて、梅酢に漬けるという流れで作ります。

紅しょうが作り

新生姜を塩にまぶして(切るのを忘れてまるごとまぶしてしまったのでこの後すぐに薄切りにしました。)塩漬けにする。

紅しょうがを作る

干して

紅しょうがを作る

梅酢に漬ける。

干すのに半日ほど時間はかかりますが、置いておくだけなので作業としては時間はそんなにかかりませんでした。

紅しょうがを作る

2日つけたのがこちら。結構色が染みています。この紅しょうがの色って、今まで着色料で付けているんだと思っていましたが赤シソの色なんですね。自然にある色でここまで綺麗に染まるってすごいなぁって思います。

紅しょうがを作る

新生姜が紅しょうがになりました!!!

が…。ここで失敗に気がつくんです。

食べてみたら…塩辛すぎて口に入れていられないほどの塩気。どこで何を間違えたんだろうと考えてみた所、多分初めの塩漬けの時の塩の量を間違えて多く入れすぎてしまった模様。

これじゃとてもじゃないけど食べられない。どうしよう。簡単だと思ってたのに失敗しました(泣)

初めて作るからもしかしたら失敗もあるかもしれないと思って、少なめに作ったのが不幸中の幸いでした(><)

失敗したのも悲しいけど、食べ物を粗末にしてしまったことも悲しいです。

もう一回チャレンジしようかなぁ…。どうしようかなぁ…。

スポンサーリンク