口角炎・口唇炎にはプロぺト?皮膚科に行ってきました

プロペト
スポンサーリンク

私は赤ちゃんの頃からアトピー性皮膚炎です。

肌が全体的に弱めなのですが、特に困っているのが唇。

乾燥なのかアレルギーが出ているのかはわかりませんが、よく口角炎・口唇炎になっちゃうんです。

大体は顔用の弱いステロイドを塗ったり、ワセリンを塗っていれば治まるのですが、今回のは全然治らない。

それどころがどんどん酷くなって、黄色い汁が出てくるしかさぶたになると痛くて口が開かない。

これはまずいと思い、皮膚科に行ってきました。

カンジダがいる場合も?

診察では私の口角にできたかさぶたをカリカリっと剥いで、顕微鏡でなにやら調べていました。

口角炎の中には、カンジダというカビの一種が引き起こすカンジダ口角炎というものもあるそうなんです!

今回の私の炎症にはカビ菌はいなかったみたい。

もし、カンジダ菌がいた場合は菌を殺す薬(真菌剤)を塗って治していくんだそうです。

カンジダなどのカビ菌がいた場合はステロイド剤を塗ってしまうと逆に症状がひどくなってしまうらしい!

知らずにステロイドを使うとかえって酷くしてしまうこともあるのだと思ったら、自分の判断で薬を使うのは怖いことなんだと思いました。

結局、私の口角炎・口唇炎は原因は不明だったけど、かなり炎症を起こしてしまっているということで、今まで塗っていたのと同じ強さのステロイドと保湿剤を処方されました。

自分が持っているステロイドでも治らなかったんだけどな。

処方された薬

プロペト ステロイドとプロペト。

今まで長い間皮膚科にお世話になっている私ですが、プロペトは初めて処方されました。

先生はワセリンよりも純度が高いから、荒れることはないと思うよって言っていたのですが、私自身プロペトを使うのが初めてだったの調べてみました。

プロペトは薬局などに売っている白色ワセリンをさらに精製して、不純物を取り除いたものなんだそうです。

プロペトよりもさらに精製されて不純物が少なくなっている商品が『サンスクリーン』という商品名で、保険適応ではないけれど発売されているとのこと。

純度が高いほうが不純物が少ないから、肌に対しての刺激も少ないということになるのかな。

今まで普通に使ってきたワセリンですが、純度が違うとかそういうのがあることは知りませんでした。

プロペト

見た目はちょっと黄みがかった透明といった感じ。塗ってみると結構テカテカします。

でもこれで治るならいくらでも塗ります!! 市販のリップクリームが合わないことを皮膚科の先生に伝えたら、必要に応じて皮膚科でプロペトを処方してもらって塗るしかないですねと言われたので、これからはアトピーの薬をもらいに行くときに一緒に処方してもらおうと思います。

早く口角炎・口唇炎が治りますように!

スポンサーリンク