おでかけ

ニフレルに赤ちゃん連れベビーカーで行ってきた!授乳室やおむつ台も完備!

こんにちは、ちむにーです!

ちむにー
ちむにー
やっとニフレルに行ってきました!

ニフレルがオープンしてからずっと行きたいと思っていて、娘が1歳を過ぎたこともあり、やっと行くことが出来ました。

今回は子連れ(1歳3ヶ月)でニフレルに行ってきた感想授乳室やおむつ台についても書いていきたいと思います!

結論を先に言ってしまうと、1歳3ヶ月にはまだニフレルは早かったかな?というのが正直な感想です(;´д`)

ニフレルとは

大阪府吹田市にある、海遊館がプロディースした水族館+動物園美術館という珍しい形の施設です。

水族館と言っていいのか、動物園と言っていいのか悩んでしまいますが、もう「ニフレル」という新しいジャンルにして良いと思います(笑)

コンセプトは「感性にふれる」ということで、動物がオリではなくすぐ目の前にいたり、魚が水を飛ばしてエサを獲得する様子が見られたり、普段見ることができない姿を近くで感じられるのがニフレルの特徴です。

ニフレルの館内の様子

日曜日の朝10時半頃入館しました。

入館料

大人:1900円
小中学生:1000円
3歳以上:600円

娘は入館料がかからないので、大人2枚購入しました。

ベビーカーのまま入館できる

入り口を入ってすぐの所にベビーカー置き場があるので、そこにベビーカーを置いて館内に入ることができます。

ニフレルのホームページによると、繁忙期には臨時でベビーカー置き場が設置されることがあるそうです。

私がニフレルに行ったのは日曜日だったので、大型連休や土日はベビーカー置き場が設置されるのだと思います。

ベビーカーのまま館内を進んでいくことも可能です。

私は娘がちょっと眠くなったようで少しぐずっていたので抱っこしていましたが、荷物が多かったのでベビーカーのまま館内に入りました

日曜日の10時半頃でしたが、ベビーカーで館内に入っても周りの方の邪魔にならずに回れました。

我が家意外にもベビーカーで回っている家族も何組か見かけました。

でも、ベビーカーで館内に入るつもりだとしても、だっこ紐は持って行った方が安心だと思います!

スポンサーリンク

“いろ”にふれる

「いろにふれる」ということで、カラフルなお魚さんが小さな水槽に展示されているコーナー。

壁の色も次々と変わっていって、とてもカラフルな空間でした。

娘はカラフルなお魚さんを見て興味を示したようで、いつもは出したことのない高音ボイスで「はぁー!たー!」と興奮気味でした。

わざにふれる

こちらのコーナーは砂に隠れたり、水を飛ばして餌をとる魚の様子を近くで見ることができます。

このお魚が棒に付けられた餌に向かって水を飛ばして撃ち落とすという技を見せてくれました!

ちむちむ
ちむちむ
ドクターフィッシュの水槽は手を入れることができます!

この日は人がたくさんいたので指一本でとアナウンスがされていましたが、娘は指一本出せないので手のひらを入れさせてもらいました(^^;)

娘は魚が自分の手に近づいてきて、楽しそうにしてました!

すがたにふれる

このコーナーは鏡張りの部屋で薄暗くなっている中に水槽があって、魚をアートにしているような雰囲気でした。

ここは娘は全く興味を示さなかったので、さささーっと見て次のコーナーへ。

ワンダーモーメンツ

球体に神秘的な映像が映し出されるアートの空間になってました。

この球体の下では子どもたちが光を追いかけて走り回ってました。

薄暗いので自分の子どもがどこに行ったのか分からなくなってるお母さんもいました(汗)

しっかり見張っていないとお子さんを見失う可能性が高い場所です。

みずべにふれる

水辺の生き物ということで、食虫植物のハエトリグサやスッポンもどき、ホワイトタイガーやカバもいました!!

ちむにー
ちむにー
ハエトリグサが可愛くて興奮しました(笑)!食べてる所見たかったなぁ!

ホワイトタイガーは頭上のタイガーウォークというところにいて、下には降りて来てくれませんでした(^^;)

娘も全く興味を示さず(*_*)

うごきにふれる

ちむちむ
ちむちむ
ここが一番楽しみにしてたゾーンです!

動物たちがすぐ近くで見られるので、娘も絶対喜んでくれるはず!

と、思っていたのに・・・

ちむにー
ちむにー
全く興味を示さなかったんです。

しかも無表情(T_T)

眠かったのもあると思うのですが、思っていたのと違う反応に少しがっかりしてしまいました(汗)

そのかわり親は楽しみました!(笑)

テレビで見たことがあるトイレの標識の一部になっているフクロウ?の写真を撮り、次のゾーンへ。

つながりにふれる

ここは大画面に映された映像を楽しむゾーンなのですが、娘も眠そうだし何も見ずに出てきてしまいました(汗)

授乳スペースやおむつ台

1階と2階にトイレがあるのですが、両方共に授乳スペースとおむつ交換台がありました!

1階の授乳スペースはおむつの台(ベッド?)と一体型で独立した部屋になっていました。

2階のトイレはおむつ台が4つ授乳スペースとして使える部屋が2席ありました。※使用中の方がいたので画像はありません。

おむつ台もキレイだし、おむつのゴミを捨てるためのゴミ箱があるのでありがたく捨てさせていただきました。

小さなお子さんがいても授乳やおむつ替えの心配はしなくて大丈夫だと感じました。

ただ、調乳用のお湯はなかったので、ミルクが必要な場合は用意して持って行ったほうが良いと思います。

食事はどうする?

食事はニフレルの中でもカフェがあるので食べることはできますが、ニフレルの隣はエキスポシティなので飲食店はたくさんあります。

私達はエキスポシティのフードコートでご飯を食べました

子ども用のイスも用意されていた(数は限りがありますが)ので、一人座りできる娘は問題なく座っていられました。

子ども用の低いテーブルが追いてあるコーナーもあるので、そこを利用するのもいいと思います!人気があるので席が空くか運次第ですが(汗)

ニフレルのあとに万博公園でピクニックしても楽しそうだなと思いました!

ニフレルに行ってみての感想

もっと楽しんでくれると思ったのですが、まだ娘には早かったようです。

娘が眠くならない時間帯を狙って行ったのに、いつもと違う状況で娘の様子もいつもと違いました(・・;)

どこで眠くなるかまでは予想しきれませんでした。

ちむにー
ちむにー
大丈夫だと思ってたんですけどね(泣)

カバやホワイトタイガーも楽しみにしていたのですが、見える場所にいなかったので全然よく見えませんでした(^_^;)

こればっかりは仕方ないです。

動きに触れるゾーンでカピバラを近くで見ることが出来たのが一番の思い出です(笑)

意外と大きくてびっくりしました。

本当に動物との距離が近いので迫力あります!

鳥のフンに注意という看板がありました(笑)

娘がもう少し大きくなって歩けるようになったら、またリベンジしたいと思ってます!

歩けるようになった頃のお子さんや、動物に興味を持ち始めたお子さんなら楽しめる施設だと思いました!

※あとは暗いエリアが何か所かあるので、暗いのが苦手なお子さんは気をつけた方がいいかもしれません。

駐車場

ニフレルに行く場合はエキスポシティの駐車場に止めることが出来ます。

ニフレルに入館した人は駐車料金が2時間無料になるので、車から降りる時に忘れずに駐車券を持っていってくださいね!

その後ニフレルで買い物すると

  • 2000円以上で合計3時間無料
  • 5000円以上で合計4時間無料
  • 10000円以上で合計5時間無料

になります!

我が家はフードコートで食事をしたり、無印良品でお菓子や洋服を買ったり赤ちゃん本舗で娘の小物を買ったりしたら合計10000円以上になったので、合計5時間無料でした。

たまのお出かけでたくさん買い物してしまいました(^_^;)

さいごに

ニフレルに1歳3ヶ月の娘と遊びに行った体験談でした。

今回は娘がそこまで反応してくれなくて残念な感じだったので、次回はもっと大きくなって動物を認識できるようになってから遊びに行きます!

ちむちむ
ちむちむ
次は娘が眠くならない時間に調節して入館します(笑)!

家族で行くのもいいけど、デートで行っても楽しい場所だと思います!

オープン時のような激混みではなくなっているし、比較的回りやすい!

エキスポシティもあるので1日楽しめるし、近くの方はぜひ遊びに行ってみてください(^^)

ABOUT ME
ちむにー
子育てやアトピーのこと、日常で起こったこと、役に立ちそうなこと、色々書いています。

関連コンテンツ