食パン用のアルスター(アルタイト)型を空焼きし直しました!

空焼きの為に型にショートニングを塗る
スポンサーリンク

まだ食パンを焼き始めて3回ほどなのですが、焼くところまではかなりいい感じに進むのに、最後型から外れなくて台無しになってしまうのが悔しい。考えられる原因は型に油が馴染んでいないことしか浮かばないので、空焼きをちゃんとやってみることにしました。 今日は空焼きをしたよ!っていう本当に大したことない内容です。(いつも大したことは書いていないですが…。) 今までパン型に塗っていたのは米油やココナッツオイル。けれど調べてみるとショートニングが一番型に馴染みやすいそうなので、スーパーに行ってショートニングを買ってきました。ショートニングなんて今まで買ったことないなぁ。トランス脂肪酸がうんたらかんたらという記事もたくさん目にしましたが、使う量は少量なのでそこまで気にしないことにしました。食パン型 空焼き ショートニングって、マーガリンと同じような感じなんでしょうか?それならマーガリンを型に塗っても良かったのか?と買ってから思いました。まぁいいか。 型からするっと外れてくれたらなんでもいいんです。型に張り付いて出てこないパンを、あっついのに気合いで持ちながら外す作業はもうしたくないんです! 空焼きの為に型にショートニングを塗る ショートニングをうにょーーーっと5センチ位絞り出して型に塗りました。ちょっと量が多いんじゃないの?ってくらい塗っちゃった。もちろんフタにも。 これを200℃に余熱したオーブンで30分焼いてみました。途中、油が焼ける匂いがしてきてオーブンから火が出るんじゃないかと心配になった。焼き終わると型からもくもく湯気のような煙りのようなものが出ていて焦りました。 少し冷めたらもう一度型にショートニングを塗って同じように焼きます。   空焼きが終了 2回焼いたらこんな感じになりました。少し茶色く油膜みたいなものが出来たんですが、これでいいんだろうか。空焼きのやり方は調べたら載ってるけど、空焼きした後の型がどんな感じなのかっていう画像は見つけられなかったから正解がわかりません。でも。一番最初に空焼きっぽいことをした時よりも上手くいった気がしてならないです。早く次のパンが焼きたい!そしてするっと型から外れる体験をしてみたい! はたして次回の食パンはうまく焼けるのか…!?    

スポンサーリンク