60歳を越えている父も購入!【日本一簡単に家で焼けるパンレシピ】でおいしそうなパンを焼いていた

父が焼いたパン
スポンサーリンク

初めてパンを焼いた日に、あまりにも嬉しくて実家の姉と母に写真を送ったんです。

そうしたら、母から話を聞いた父が電話をかけてきて(笑)。どうやって作ったのか、初めてでも出来るものなのか、と興味があるようだったので、『日本一簡単に家で焼けるパンレシピ』のことを教えてあげたんです。

私でも上手にできたよって。

翌日、父は本屋さんに行ったようで私と同じスクエア型の方を買っていました(笑)。

そして送られてきた写真。

父が焼いたパン

私が焼いたものよりおいしそうだぞ。しかも、1つの型で2種類のパンを作ってるぞ。

父の応用力すごい。私なんて、本の通りに作るので精いっぱいだったのに。ちなみに、左半分はシュガーバター入りで、右半分はゴマが入っているそうです。

このパンは姉の家に持って行ってみんなで食べたそうなのですが、大人気ですぐになくなってしまったそう。

とてもおいしかったと言っていました。

もうすでにカレーパンや、あんパンも作ったそうで、パン作りが楽しくなっている様子。

父は子供のころパン屋さんなりたかったって話を聞いたことがあったから、自分でパンが焼けるということが余計楽しいのかもしれません。

何にしても、楽しみが1つ増えて良かった。

 

私もまたパンを焼いたのですが、写真を撮ったつもりでいたのに、カメラにSDカードが入っていなかった…。

私が焼いたパン

見事にちぎられ、冷凍用にラップを巻いた姿しか写真に収めることができませんでした。

左側がゴマチーズ、右側がくるみです。数がおかしいのは私がつまみ食いをしたから(笑)。

今回は捏ねが足りなかったのか、何か計量を間違えたのか分かりませんが、パン生地がびろーんとしていてとても扱いづらかったです。もしかして失敗したのかと心配になりましたが、焼いてみたらちゃんと膨らんで味も大丈夫でした。よかった!

甘めのパンを焼いてみたいのですが、どうしても朝ご飯にパンを食べることが多いので、甘いものよりはチーズとかゴマのパンを焼いちゃいます。

チョコ系ではなくてサツマイモやカボチャなら朝ご飯でも大丈夫かな?

とりあえず今、パンを焼くのがとっても楽しいです♪

スポンサーリンク