高難易度の米粉100%パンにチャレンジ!…が、なんか色々違うぞ。

型からはずす
スポンサーリンク

昨日米粉のバナナケーキを焼いて、見た目はともかく味はおいしかったので、調子に乗って米粉のパンにチャレンジしてみることにしました!

調べると、強力粉と米粉を混ぜたり、米粉パン用のパンミックスを使えば上手に焼けるみたい。でも家にはただの米粉しかないので、米粉だけで焼けるパンレシピを試してみます。

材料

米粉パン材料
  • 米粉
  • 豆乳
  • ドライイースト
  • 砂糖
  • ココナッツオイル

水の代わりに冷蔵庫に入ってた豆乳を使うことにしました。本当はなたね油やオリーブオイルを使うみたいなんだけど、相変わらずココナッツオイルを使用します。

作る

豆乳を電子レンジでチンして人肌に温めて、あとは材料をボウルでぐるぐる混ぜる。

混ぜる

材料を混ぜても生地が柔らかいので、強力粉のパンみたいに手で形を作るのは無理です。米粉のパンが全部こうなのかはわからないけど、型に入れて焼いているレシピがほとんどだった気がします。それにしても、米粉は本当にサラサラしてるなぁ。

レシピサイトの生地の感じはもっととろとろしてたんだけど、これで大丈夫なのかな…。ちょっと心配になってきた。

パンの型

スクエア型で焼いたら、昨日のバナナケーキみたいに薄っぺらいものが出来上がる気がしたので、ちょっと高さが出そうな入れ物を探した結果、無印のホーローの容器を使うことにしました。

ちょっと小さめなのですが、生地の量的に丁度いいかなって。

型に入れる

型に入れたらこんな感じ。柔らかいといっても、とろとろな訳ではないので型に入れるのがちょっと大変でした。本当はもっととろとろなの?大丈夫なの、これ?

これを2時間くらい常温でおいて2倍になるくらいまで発酵させます。

結構時間が経ったら膨らんできたので「これは結構いい感じかも!」とルンルンで焼いてみました。170度のオーブンで35分。

完成

完成

これは焼けているのだろうか…?パンの焼ける匂いはしてるんだけど…。

型からはずす

型からはずしてみたところ。周りはカリカリで底の部分はいい感じに焼き目もついてる。米粉のパンはこんな感じでOKなのかな?発酵の段階では膨らんだと思ってたけど、焼いてみたら全然膨らんでない。

ちょっと冷まして切ってみました。

切ってみた

切れない(笑)。包丁にもっちもちの生地がへばりついて、切ろうとするとボロボロになっていく。ちゃんとしっかり冷ましてから切らないとダメだったのかな?

周りのカリカリの部分を食べてみたらおせんべいのような感じ。もちもちの部分はお餅のような感じでもあり、ちゃんと焼けてるのか心配になるもちもち感。

まずくはないんだけど、もっと上手にできたはず。

実際、クックパッドなどの料理サイトなどに米粉100%のパンのレシピが載っていて、もっと形がしっかりしてるし、膨らんでたし、ちゃんと『パン』って感じだったもん。

それとココナッツオイルと豆乳を使ったのは失敗だったかも…。お互いの香りが主張して混ざり合って、なんだか私の苦手な香りになっていた…。せめて香りのないタイプのココナッツオイルを使っていればよかったかも。

余った生地を小さいマフィンカップに入れて焼いたものは、中までカッチカチに焼けてしまい食べることができませんでした。

まとめ

初めての米粉100%パンは、50%失敗50%成功といった感じでしょうか。初めてにしては上手にできた?かもしれないけど、もっと上手く焼きたかったな。あ、でも小さいマフィンカップのほうは完全に失敗。

それにしても米粉100%パン、混ぜるだけで簡単じゃん!と思っていたけど、水分量がちょっと違ったり米粉のメーカーによっても出来上がりが変わるらしい。そして上手に膨らまない。やっぱり難しかったです。

自分では、生地がもうちょっと水分多めな感じにならないとダメだったのかなぁ。

でも、違うレシピサイトではホームベーカリーで材料を捏ねて、成形して作ってた。てことは捏ねが足りなかったのかな?

む…難しいぞ米粉パン。謎が多いぞ、米粉パン。

とにかく、初めてだから『???』ってなってしまうことが多かった(笑)。

私にはまだまだ早かったみたい。

『外はカリカリ、中はもちもち』とレシピに書かれているものが多かったけど、その感覚は味わうことができました。

確かに外はカリカリ、中はもちもちでした。

次米粉100%のパンを焼くことがあったら、ちゃんと米粉パンミックスを使ってみようと思います。

米粉100パーセントでおいしそうなパンを焼いている人たち、本当にすごいと思いました!

パンは難しいことが分かったから、次は料理に米粉を使ってみるぞー!

 

 

スポンサーリンク