グルテン入り米粉でちぎりパンを焼きました

米粉パン
スポンサーリンク

私の中で依然続いている米粉ブーム。

前回米粉だけでパンを焼いてみたけど、今度はパン用の米粉を買ってみました。

波里お米の粉

通常のパンは、小麦に含まれてるグルテンというたんぱく質のおかげでふっくらと焼きあがるそうなんですが、米粉にはこのグルテンが含まれていません。こちらの米粉にはグルテンが配合されているそうなので、普通のパンのように米粉パンが焼ける、とのこと。

パッケージの裏に書いてある分量どおりに計量をし、ちぎりパンを焼いてみました。

米粉パン

おぉー!ちゃんと焼けました♪少し焼きすぎてしまって表面と底面がバリバリになってしまいましたが、許容範囲内です。ちなみにくるみとチーズを練りこんでみました。チーズに関しては練りこんだことによって、全く風味すらない状態になってしまったので、角切りにして中に包む感じにすれば良かったです。

捏ねている所や、発酵した後の写真を撮っていないのですが、この粉で作った生地はなんていうか水分が足りない?ゴムのような感じでした。

でもそのおかげで、包丁で分割する時も生地が包丁にくっつくこともなくてやりやすかったです。

そんな生地の感じだったので、膨らむのか不安だったのですが発酵で時間を置いているときに膨らんできて安心しました(笑)。

強力粉だけのパンに比べると膨らみは少ない(私が作り方失敗したのかもしれませんが)気がしたけど、もちもちした感じは米粉パンの方が強かったです。

米粉だけで作った時はお米の味がしたんだけど、今回のパンは強力粉で焼いたパンと同じような味がしました。どちらもおいしいけどね!

この粉でピザの生地も作れるんだそうです!

いつかピザも焼いてみたいなぁ。

スポンサーリンク